×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

死亡保険の受け取り方

死亡保険の受け取り方

配偶者や家族が亡くなった場合、平静でいられる人は少ないでしょう。しかし葬儀の段取りや役所などへの届け、死後の整理など、やらなければならないことは沢山あります。その中でも、死亡保険金受取り手続きなどは忘れる人も多く、注意が必要でしょう。

 

死亡保険金にも税金がかかってきますので、相続税が対象となる受取り方が最善と言えます。贈与税が対象となると、税金が一番高くなるケースが多いのです。しかし民間の保険会社では、贈与税の対象となる契約をしていないことがほとんどです。贈与税が対象となるのは、契約者・被保険者・死亡保険金受取人、それぞれが異なる場合です。

 

しかし現在では、こうした契約方法が認められていません。そのため、大体は相続税及び所得税の対象となります。

 

死亡保険金受取りの流れとして、まず死亡保険金受取り事由が発生します。次に、保険契約者か保険金受取人が保険会社に連絡をします。すると、保険会社から必要書類が送られてきます。その書類を提出した後、保険会社の審査を経て死亡保険金が支払われるわけです。