×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

死亡保険と税金

死亡保険と税金

交通事故や不慮の事故、また病気などにより被保険者が死亡すると、保険金の受取人が死亡保険金を受け取ることができます。ではその死亡保険を受け取る時に、税金はかかるのでしょうか。

 

「誰が保険料を負担しているか」によって、かかってくる税金の種類は異なります。結論から言えば、相続税か贈与税、または所得税が課税されるのです。

 

被保険者が保険料の負担者である場合は、相続税。そうではなく、保険金受取人が保険料の負担者である場合は、所得税がかかります。このように、被保険者が保険料を負担しているかどうかにより、かかってくる税金の種類が違ってくるのです。

 

特に配偶者などが亡くなった場合などは、気分が落ち込んで保険金のことなど頭にないかもしれません。しかし、手続きをしなければ保険料は受け取れません。ある程度気分が落ち着いてきたら、速やかに手続きをしましょう。特に小さなお子さんがいる場合などは、その後の生活に大きく関わりますので、注意が必要です。