×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

死亡保険と自殺

死亡保険と自殺

死亡保険金は、自殺した人にも支払われます。そう聞くと、死亡保険金は病気などで亡くなった人にしか支払われないのに、自分で死んだ場合にも保険金が支払われるのはおかしいと思うかもしれません。

 

しかし、好き好んで自分から死ぬ人はいません。余程の思い・理由があり、自ら命を絶つのです。例えば、不治の病に悩んでいるかもしれません。あるいは、うつ病が酷くて先の人生に希望がない、天涯孤独で働くこともできないなど、理由があることでしょう。

 

但し保険に加入後、だいたい2〜3年経過しないと、自殺時に保険金は支払われないことになっています。なぜなら、保険金を目的に自殺する場合もあるからです。本当に「死にたい」という人が、2年も待てるはずはないということです。

 

そういった理由から、支払い対象となるまでに期間を設けています。但し保険会社によって、その制限や対応が異なるので注意が必要です。尚、自殺という死因に疑わしい点がある場合も、保険金は支払われません。